日記

諦めると言ったんですが、課題が大学でしか出来ないのとスマホ使ってても回線が安定してる気がしてたので潜ってしまいました。撤退詐欺すみません(  ╯︵╰)

 

 

潜った感想なんですが、ずっと1900彷徨ってて勝ちきれなかったです。380下の飛行Zギャラに31吸われたり、ヘラクロスカビゴンが死に出しされたり散々でした…5試合ごとに運いいときと悪い時が交互にくるような感覚で、一気に上がらなくて困ってます。

 

環境についてですが、カバマンダガルドレヒレに相当な数当たりました。他に多く感じたのはカグヤとバシャはやや多い気もしました。襷ランド展開はきつくて負けまくったのでやや多く感じただけかも??中盤かなり当たってたリザミミガッサはほとんど見なかったです。

ゴーリ今日は当たらなかったです。ボーマンダはほぼ全部身代わり持ってるんじゃないかって感じました。ギルガルドはSが早い霊Zが多い印象です。リザYは地震よりきあいだまばっかで、レヒレの型の多様化も著しいですね。カプZきのみ水Z拘りなんでもいる気がします。マンダガルドレヒレあたりが強くてそこを中心にメタが回ってる感じですかね?

 

 

今、ガルドもマンダもレヒレもミミも重たいので高レート帯には行けなさそうって感じてるので上手く流行る構築をメタりたいです。といってもレート差マッチや運などで心が折られつつあるのでメンタルもたなかったらそもそも無理です😱

 

以上日記でした。昼課題、夜ポケモンで頑張ろうと思います。

 

ヘラクレセとZ

ラクレセの構築記事を見ているとZが入っていないことが多い、もしくはZをあまり出すことを前提に組まれていないように感じる。自分も以前は余っていたら組み込む程度の感覚であったが、最近は出来るだけ選出したいと感じている。

ラクレセはクレセリアの単体性能の低さから数的不利を取ると簡単に負けてしまうのは周知の事実であるが、逆に数的優位もしくは相手のHPが削れているポケモンが多ければその時点でかなり有利に展開できる。Z技は瞬間的に高火力を出すことができるので実は相性がいい。

使っていて強かったのはギルガルドの霊Z。圧倒的な耐久で1発耐えてZで返す、トリルで再展開が無難に強かった。汎用性の低めなゲッコウガの草Zは正直強くはなかった。強そうなのはヒトムの炎Z、レヒレの水Zあたり。

似たような理由で強いのが襷ホルードである。広い技範囲と襷の対面性能で相手を削ることができる。ここら辺を元にヘラクレセを組んでたりする。

 

個人的には

ラクレセ+りざテテフに強い枠+Z+襷+補完でそこそこ戦える構築が組めると思います。

上手いループにはどうせ勝てないし上手いわけではないループには勝てたりするので意識せずスタンダートなパーティに勝つことを目指した方がいいと思います。

【S14使用構築】【最高2073】ヘラクレセスタンダード

f:id:sharuru-pocket:20190402094145p:image


 

 

使用TN SpiderDance

 

成績 最高2073

        最終18xx

 

 

構築のコンセプト

・サイクル、対面、積みの選出をできるようにしてあらゆる構築に勝ち筋を拾えるにする

・一点読みを利用する

・運要素を減らし、命中90%以上で固める

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204114p:plain ヘラクロス@メガストーン

♢性格:意地っ張り

♢実数値:187(252)-260(252)-135-*-125-96(4)

♢技構成

    ミサイル針 ロックブラスト タネマシンガン 地震

♢調整意図

    対面性能を重視したHA振り切り

    S:ミラー意識かつドランに抜かれている程度

《使用感》

インファイトはないですが、カビゴンナットレイが多かったので選出画面でも役割を果たせました。ヘラクレセの2匹で試合が終わることもあり、軸として恥じない活躍をしてくれました。

トリックルーム下での制圧力は健在ですし、自分は世間から過小評価されていると感じてます

 

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204145p:plainクレセリア@ゴツゴツメット

♢性格:図太い

♢実数値:227(252)-*-189(252)-95-151(4)-105

♢技構成

    ムーンフォース トリックルーム 月の光 三日月の舞

♢調整意図

    物理全般に対するクッションのためHB特化

《使用感》

起点にされやすさは相変わらずですが、やはりヘラクロスのクッションとしては最適だと感じています。

トリックルームは安易に切ってしまうと、残り1ターンのときに積みポケモンを場に出され簡単に負けてしまうので、慎重に立ち回ることが大切です。

ムーンフォースのおかげで今季もジャラランガには最低限は勝つことができました。技構成はこれで完成してると思います。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204132p:plainヒードラン@混乱実

♢性格:控えめ

♢実数値:194(220)-*-148(172)-178(92)-126(4)-100(20)

♢技構成

    火炎放射 ラスターカノン 岩石封じ 毒毒

♢調整意図

    H-B:+2意地っ張りミミッキュの霊Z最高乱数切り耐え

    C:H4振りミミッキュをラスターカノンで確定1発

    S:岩石封じで準速ミミッキュ抜き

    (クチートへの乱数意識で噴煙ではなく火炎放射)

《使用感》

水タイプに後手を取るのであまり選出は出来ませんでしたが、リザYやウルガモスを牽制してくれました。

選出できる構築はかなり少ないですが、やはり見せ合いの画面での圧力があるのとヘラクロスとの相性が抜群なので欠かせない存在です。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204219p:plainホルード@きあいのタスキ

♢性格:意地っ張り

♢実数値:160-118(252)-90-*-91(4)-130(252)

♢技構成

    やつあたり 地震 冷凍パンチ はたき落とす

♢調整意図

    火力重視のAS振り切り

《使用感》

ミミッキュに強いナットレイを採用したので、今回はきあいのタスキをもたせました。S12の影響かスカーフ一点読みの動きもあり、動かしやすかったです。

ナットドランやカビゴンの増加の影響で、任意のポケモンが格闘Zを持っている可能性があったので、安易にあと投げして倒しに行くよりも、このポケモンでの対面処理を心がけました。ナットレイの宿り木の種と組み合わせて襷を復活させることもでき、相性はよかったです。

有利なポケモンには滅法有利であり、技範囲も非常に広いので強気な技選択をすることによりたった一手で試合を決めてしまう性能がありました。

 

f:id:sharuru-pocket:20181031225535p:plainボルトロス@電気Z

♢性格:控えめ

♢実数値:173(148)-*-99(68)-190(60)-113(100)-138(132)

♢技構成

    10万ボルト 目覚めるパワー氷 悪巧み 挑発

♢調整意図

    HD:C161カプレヒレムーンフォースを約80%で2発耐え

    上記レヒレの水Zを最高乱数切って耐え

    C155ゲッコウガの冷凍ビーム確定耐え

    HB:A197メガメタグロスの冷凍パンチ耐え

    A216ボーマンダの恩返し超高乱数2耐え

    C:H-D151-126ミミッキュを電気Zで最低乱数切って1発

    無振りカプテテフを電気Zで75%で1発

    S:準速カプレヒレ抜き

《使用感》

S12では混乱実型の耐久ボルトロスを使用しましたが、今回は電気Zで採用しました。

従来の電気ZボルトロスはSが128程度であり速いカプレヒレに誤魔化されてしまうことがあったので、火力をやや落とし素早さと耐久に回すことで上から殴れる範囲と繰り出し性能を上げて選出しやすくしました。挑発でカバマンダ系統にも非常に強く出られたり、ヒトムグロス系統もヒトムを削ってこのポケモンを通せたり、もちろん受け系統も崩せたりで想像以上の活躍をしてくれました。間違いなくMVPです。

 

 

f:id:sharuru-pocket:20181227015245p:plainナットレイ@混乱実

♢性格:呑気

♢実数値:180(244)-114-190(172)-*-148(92)-22

♢技構成

ジャイロボール タネマシンガン 宿り木の種 鈍い

♢調整意図

    H:4n

    HB:A207メガギャラドスの+1噛み砕くを確定3発

    HD:C161レヒレの+1めざ炎確定耐え

《使用感》

任意の格闘Zに役割破壊を受けまくりましたが、それでも非常に強かったです。鈍いを持たせることでカバマンダ系統に強く出られたり、受け構築もボルトロスヘラクロスで崩したあとに宿り木+鈍いにより相手に突破させなくすることができたりします。

S12ではドランでミミッキュを突破したあとガッサに起点にされ3タテされることが多々ありましたが、このポケモンのおかげでミミガッサにも強く出られました

 

総評

構築の欠点を上げるなら、S実数値が早くて138なので、運負けも多発しますし催眠ゲンガーやオニゴーリには必ず一定数は負けてしまいました。他にも任意の格闘Zや挑発持ちギャラドス、リザXなど重たいポケモンと多くマッチングしてしまい勝ち切れませんでした。

インフレシーズンで2100が沢山出ているなか自分は勝てずとても悔しい思いをしたので、来季以降2100に乗れるよう努力していきます。

 

S14お疲れ様でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。次の更新は2100の構築記事にしたいです。

何か質問等あればTwitter(@P2_hera_Noob)までどうぞ。鍵垢の時もありますが全員フォロバしてます。

f:id:sharuru-pocket:20190402070333j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が考えるヘラクレセドラン理論編

 

こんにちは。S13が始まりみなさんも記事を読みモチベが上がってる頃だと思います。

今回は僕が2000戦して得たヘラクレセドランに関する情報を公開していきます。

 

 

(1)ヘラクレセドランの基本形

僕の中ではヘラクレセドランの型は結論が出ています。では個別に解説していきます。

 

ヘラクロス意地っ張りHA

ミサイルロクブラタネマ地震

 

火力ラインは自分の好みですが、現環境での努力値の優先順位は 耐久>素早さ>火力です。

耐久について

高火力を瞬時に出せるZ技が存在している以上、対面性能を引き上げられる耐久は必須です。ゲコ、ボルト、ガルド、ツルギ、ガモス、コケコ、ドランなどASと耐久振りでは明らかに有利不利が変わります。

 

・素早さについて

素早さに関してはヒートロトムはスカーフ等ケアして居座るべきではないですし、ガッサは耐久ふりによって対応できます。明確に変わるとすれば眼鏡テテフ、ペリッパー(耐久ふりが主流)程度です。よって岩石封じなどサポートで立ち回りの幅が多少広がるメリットはありますが、あくまでもテテフやABミミッキュは型判別してからの話なので突っ張れる範囲が広がっているわけではないことに注意しましょう。

 

・火力について

火力に関しては好みの問題です。使い慣れたものが1番いいです。

 

・技構成について

正直ミサイルロクブラタネマ地震以外は僕はありえないです。意地ヘラはガルドをタネマ地震で落とせるみたいな話もありますが、乱数ですしそもそも残飯やHB弱保を考えれば落とせないのが普通です。

しかしそれでも地震を入れるのは出せる範囲が変わるからです。ラクレセドランの補完は基本的に単体の性能が低いポケモンが入りがちなのでエースであるヘラは1番広範囲に刺せる構成がいいのは明らかです。

ミサイルばりはエスパー、草、悪、ノーマルへの強力な打点となりインファより等倍なら火力が出るので性能は十分です。

ロクブラは言わずもがな、タネマはただでさえ重たい水への打点を減らせないのでまず切れません。地震は毒タイプ、炎タイプへの打点にもなるので強いです。

インファは受けループ用みたいな話もありますが、ラッキーからムドーに引くかグライに引くかは択ですから厳しいです。唯一のメリットとしてはテッカグヤだけだと思います。

 

クレセリア

わかりません。本当に難しいです。ですがれいびよりムンフォの方が汎用性は高いと思います。電磁波毒トリルみかまい(スキスワ)は個人の好みで選べばいいと思います。

 

ヒードラン

HBが構築には1番あってます。ヘラクレセドランで出せる範囲がかなり広がるかつ安定性が高いです。ミミッキュをHD残飯ドランやチョッキドランで見ようとするのは僕は嫌いです。霊Zをケアしましょう。

 

(2)補完

先日とある方とお話させていただいたとき、ヘラクレセは使っていくうちに対面思考になっていった方が強いという話題になりました。

実際、レヒレミミッキュが同居しているパーティやコケコ入りなどに対してはモロバレルは非常に有効です。しかし、僕はモロバレルを使っているときに明らかに選出が1枠足りないと感じることが多かったです。

そこでS8に結果を残した方を参考にS9にORASの結論ヘラクレセドランを使ったとき、対面的に上から制圧することの重要性を感じました。

主に僕が感じたメリットは、誤魔化し性能です。単体の性能が低いポケモンを入れたヘラクレセドランはこのポケモンはこれで倒すってのがほぼ決まってて対応力が狭いことが多いです。それに対してガルガブのような対面性能が高いポケモンは上からの縛りでタイプ相性関係なく持っていけることも少なくないです。

そういう経緯でガルーラとガブリアスの性能を持ち合わせたようなポケモンとしてスカーフホルードをみつけたわけです。と同様にゲッコウガ、ボルト、ガルド等汎用性の高いコマを採用したのはこういう理由でした。

モロバレルは補完として優秀でヘラクレセドランの基礎を学ぶのには重要ですが、そこから強くなるためにはこのポケモンの性能では足りないです。実際、リザXやゲンガーなどが死ぬほどきついと感じてる方もいらっしゃると思います。受け対策として採用されるこれらのポケモンはヘラクレセドランバレルという受けも切り返しも中途半端な構築ではきついのは当然です。ぜひ、対面思考に挑んでみてください。

 

・崩し枠

受け系統を崩すために採用される崩し枠は、先日非常に納得できる記事がありました。

主に崩し枠は「対面性能が微妙である」「体力管理の難しさ」の2つが問題であり、1匹で崩すのは非常に腕が必要です。

ですので、ヘラと何かを絡めて崩すのが理想です。ヘラは受けループに強いのに勝てない;;みたいなことがよくあると思いますが、主な原因はグライオンと対面から殴り合ってしまうことです。防御方面が優秀なグライオンでもヘラクロスに何度もあと投げ出来るほど硬くはありません。つまり、グライオンを引かせラッキーヘラ対面を作り崩すプランが綺麗です。

前期の僕の構築はギルガルドが崩しも担っていましたが、このポケモンは対面性能も保持しつつラッキームドーにHPを削られにくく上記の2点が当てはまらない特殊な例ではありますが、もちろんヘラやホルードと絡めなければ崩せません。

また、ボルトロスという強力な崩しの駒に見えるポケモンをいれることでゲンガーやミミッキュが選出されるので、ヘラクロスが通りがちですのでわざわざ格闘Zではなくても選出誘導の点から崩しに貢献してくれてます。汎用的な駒で崩せると選出の幅も広がりいい構築となると思います。

 

(3)プレイング

・有利対面ロクブラの法則

もはや知らない人の方が少ないであろう言葉ですが、する必要はあるのでしょうか。一度自分のプレイングを振り返ってみて下さい。

ちなみに僕はあまりしません。もちろん、するときもありますが非常に限られてます。明らかに有利なとき、居座られた時にケアが効くときのみです。

更にレート帯が上がれば、一旦クッションを経由してマンダやリザに引いてくるプレイヤーも増えてきます。言葉があまりに有名になりすぎて知らない人はいないので脳死でやって決まるものではなくなってますし、引いてこなくて相手にキレるなんて論外です。

 

・不利対面

ところでヘラクレセドランにおいてどのポケモンが重要でしょうか。状況によりますが、僕が思うのはヘラとクレセです。ヘラクロスを活かすためにクレセリアが存在し、クレセリアの役割を成り立たせるためにヘラクロスが存在します。相互依存の関係なのです。つまりこれらのポケモンはターン序盤に失うと切り返しも崩しも行えません。僕がヤンキー突っ張りを断固反対しているのはこれが理由です。実践編で述べますが、じゃあヘラリザ対面クレセ引きはYだったときどうなんだって話になるとおもいます。クレセリアは回復手段をもち、裏にドランがいるにも関わらずリザが選出されているということはドランに打点がある可能性が高いです。よって炎技を打たれることは極めて少ないと判断かつ打たれてもドラン引きでケア出来るのでこのようなプレイングをしています。実際大多数はエアスラか地震、気合玉です。結果論ヘラ居座りでいいかもしれませんが、リスクが全く違います。

リスクと取れるアドバンテージの釣り合いが取れた選択肢を取りましょう。今回勝ったからいいやんってのは甘えだと思ってます。正しい過程できちんと勝てるプレイヤーに僕はなりたいです。

 

・選出

基本的には全対応を目指して選出します。もちろんできないときもありますが。

技構成のところでも述べましたが、ヘラクレセドランでは単体性能の低いポケモンが入ることが多いです。あらゆる構築記事を読んできましたが、6世代の頃から、クレセリアが選出率1位でほぼ出してますという記事が非常に多いです。そうすると回復技もちのクレセによるサイクル選出をしがちになってしまいます。実際僕もそういう時期はありました。

切り返しの点やクレセリアの性能を考えるとあまり好ましいことではないのかなと思います。そこで単体で汎用性の高い駒をいれることでクレセを選出しない対面選出や前期の僕の構築で言えばボルトを絡めたサイクルよりの選出もできます。

ラクレセドランに目がいきがちですが、ホルードヘラガルドという選出は汎用性も高いですし勝率と高いです。クレセの信頼度を下げることも必要です。

 

対戦理論についてはここまでです!なにか聞きたいことがあったら質問箱にでも入れてくれれば答えます。

次回は実践編で、選出やムーブを具体的に解説していきます。

最後まで読んで下さりありがとうございました😊

 

 

 

【S12使用構築】【最高最終2112】【最終31位】結論ヘラクレセホルード

f:id:sharuru-pocket:20181102140943p:plain

f:id:sharuru-pocket:20181106133001j:image

 

構築経緯

自分が最も使い慣れており、有利な構築に半ば機械的に勝つことができるヘラクレセドランを軸としました。

ヘラマンダ対面はレートが上がるとギルガルドに引いてくるプレイヤーが増え、安易にクレセリアに引くと大きなディスアドバンテージとなってしまうのでヘラマンダ対面の引き先かつ対面操作とサポート可能な木の実霊獣ボルトロスを採用しました。

続いてマンダガルドを崩す手段としてSを厚めに振った霊Zめざ氷ギルガルドを採用しました。

最後に、前期使用感の非常に良かった地面枠としてスカーフホルードを採用し完成となりました。

 

 

個体紹介

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204114p:plainヘラクロス@メガストーン ※メガ前特性自信過剰

187(252)-260(252)-135-x-125-96(4)

技構成

ミサイル針  ロックブラスト タネマシンガン 地震

あらゆる構築にだし、圧をかけてくれました。クレセ、ホルードと同時に選出することでヘラクロスの力を120%引き出せます。 選出率は恐らく2位です。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204145p:plainクレセリア@ゴツゴツメット

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

技構成

ムーンフォース 月の光 トリックルーム 三日月の舞

 主にヘラクロスと一緒に選出しました。ゴツメで削り、トリルを張りヘラクロスを引き立てるのに必須です。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204132p:plainヒードラン@混乱実
194(220)-x-148(172)-178(92)-126(4)-100(20)

技構成

火炎放射 ラスターカノン 岩石封じ 毒々

調整意図

+2ミミッキュの霊Z、ガルドのシャドボZ耐え

カバリザテテフに対する詰めとグロスランドリザXへのサポートとして優秀でやはり欠かせない存在です。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204219p:plainホルード@拘りスカーフ

160-118(252)-90-x-91(4)-130(252)

 地震 岩雪崩 冷凍パンチ とんぼ返り

圧倒的技範囲と火力を持ち、選出誘導力が素晴らしく受け系相手には誤魔化し枠を選出させ、ヘラクロスが通しやすくなるのもメリットです。

 

f:id:sharuru-pocket:20181031225535p:plain霊獣ボルトロス@混乱実

184(236)-x-104(108)-184(20)-115(116)-125(28)

 ボルトチェンジ 目覚めるパワー氷 挑発 はたき落す

(流用個体かつ大昔に育成したので調整意図は不明ですがガッサの上取れてるのは目に見えて偉かったです)

このポケモンはヘラクレセの選出に組み込みにくく感じていたのですが、この型は使いやすかったです。はたき落とすはいるかどうかはわかりません。打たなかったので10万でも良いと思います。

 

f:id:sharuru-pocket:20181031233315p:plainギルガルド@霊Z

161(204)-x-171(4)-112(252)-172(12)-85(36)

シャドーボール 目覚めるパワー氷 影うち キングシールド

調整意図

同族を大体抜ける程度のS

強かったです。現環境ではこのポケモンを受けられる構築が少なかったので一匹以上持って行ってくれました。

 

 

 

 

 

 

構築の要点

1.ムーンフォースクレセリアによるジャラランガへの抵抗

本構築ではフェアリータイプがパーティにいないのでジャラランガが非常に重たいです。

そこで他のポケモンで削り、クレセのトリルとムーンフォースで退場し裏で全抜きという戦法が取れます。

相手がうまいともちろん勝てないことのが多いですが、ジャラランガ入りには5割以上勝てたと思います。

 

 

2.めざ氷霊Zギルガルド

環境に存在するギルガルドは鋼Z、弱保、残飯が主流であり警戒が薄いと感じたので霊Zを採用しました。ボーマンダに対面からZを打ち、身代わりで透かすと次を受かると思い込み、竜舞をしてくれるのでeasy winできます。

めざ氷はほぼマンダピンポイントですが、ブレード状態からめざ氷とかげうちで落とすことができ起点にならず戦えます。

また、素早さに努力値を割くことで大多数のギルガルドの上をとりZを打ち込むことができる点も非常に強いです。

 

 

3.氷技持ちボルトロスホルードギルガルド

ラクレセドランでは基本的にマンダガルドは崩せません。そこで氷技をもつこれら三体でボーマンダを仕留めることができます。

 

 

4.はたき落とす木の実霊獣ボルトロス

カバマンダガルドを挑発はたき落とすで強引に削り相手の思うような展開にさせない点が強かったです。

格闘Zに見えるからか重くなりがちなレヒレカグヤやラキグライ(ドヒド)ムドーという選出を抑制し、潰し枠を選出させヘラクロスを通しやすくなりました。



5.自信過剰ヘラクロス

クレセドランはリザードンXに切り返す手段が乏しく、本構築もドラン引きに合わせて剣舞されるだけで試合が終わりかねないです。そこでトリル三日月の舞からヘラを投げメガなし地震でAを上げ裏まで貫くことを可能にしました。A1段階上昇タネマシンガンはASミミッキュを皮込み確定一発です。

 

 

結果

TN Elizabeth 最高最終2112(31位)

 

 

 

後書き

今季は、最高レートを更新するだけでなく2100を達成でき自分でも驚きを隠せないです。運が良かった部分もありましたが、何より環境に構築が刺さりまくってた印象です。

地雷よりのポケモンも多いので記事を公開することで勝てないことも多くなると思いますが、この構築に興味を持っていただけたら幸いです。

本当はプレイングとか色々書きたいことがたくさんあったのですが長くなってしまったのでこれくらいにします。また他に記事書くかもしれません。何か質問等あればTwitter(@P2_hera_Noob)までお願いします。鍵垢の時もありますが全員フォロリク通してます。

長くなってしまいましたが最後までご覧いただきありがとうございました!

 

追記

QR公開しました!

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-8411-47F7

 

 

 

 

【S11使用構築】【最高2009】 ホルード入りヘラクレセスタンダード

f:id:sharuru-pocket:20180904035052p:plain

 

【構築経緯】

いつも通り使い慣れているヘラクレセドランを軸とした。

ラクレセはミミッキュに容易に展開を阻害されてしまうので、ノーマルタイプでS149以上のポケモンミミッキュへの最低限の耐性があることに気が付き、電気無効でとんぼ返りを使え、ミミッキュ地震で確定1発であるこだわりスカーフ持ちのホルードを採用した。次に環境の中心に存在しているカバマンダ、レヒレグロスに強い草Zゲッコウガを採用。

レートが上がってくるにつれてヘラマンダ対面はガルドバックしてくるプレイヤーが増え、安易にクレセリアに引くと大きなディスアドバンテージになってしまうので、マンダガルドに対して強く出られる毒身代わり化身ボルトロスを採用して完成となった。

 

 

【コンセプト】

・対面性能の高いヘラクロスを三日月の舞で復活させて崩し、素早さの高いポケモンで締める

・スカーフホルードの奇襲により数的有利をとる

テッカグヤの前でボルトロスが身代わりを張りeasywinを狙う

・身代わり草Zゲッコウガによるeasywinを増やす

 

【個別紹介】

f:id:sharuru-pocket:20180903204114p:plainヘラクロス@メガストーン

 

187(252)-260(252)-135-x-125-96(4)

ミサイル針 ロックブラスト タネマシンガン 地震

 

対面性能を生かして初手に投げて圧をかけていく。サブロムでは剣舞ガッサに三縦され続けASにした時期もあったがHAに落ち着いた。カビゴンに勝てないのは怪しいがあくまで軸としている以上汎用性が高く広範囲に打点をもたせた。テッカグヤ入り以外には大体出した。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204145p:plainクレセリアゴツゴツメット

 

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

ムーンフォース トリックルーム 月の光 三日月の舞

 

ヘラの引き先一つ目。HPをできるだけ多く維持しつつ場にできるだけ居座らないように意識して立ち回った。あと投げ一回もせずトリルみかまいだけすることも多かった。ジャラランガギャラドス意識でムーンフォース。そこそこ出した。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204132p:plainヒードラン@ウイのみ

 

194(220)-x-148(172)-178(92)-126(4)-100(20)

火炎放射 ラスターカノン 岩石封じ 毒々

 

A156↑2タイプ一致シャドクロZ耐え

C222タイプ一致シャドボZ耐え

岩石封じで準速ミミッキュ抜き

 

ヘラの引き先2。グロスランドリザXのような構築が多く楽に勝てたこともしばしば。水タイプ入りにはできるだけ出さないようにした。選出はあまりしなかった。

 

 f:id:sharuru-pocket:20180903204219p:plainホルードこだわりスカーフ

 

160-118(252)-90-x-91(4)-130(252)

地震 岩雪崩 冷凍パンチ とんぼ帰り

 

電気の一貫を切る、初手の奇襲、終盤のスイーパーと役割は非常に多くとても活躍してくれた。リザに対してヒードランを出さなくてもよくなる点も素晴らしい本構築のMVP。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204236p:plainゲッコウガ@草z

 

147-x-87-155(252)-91-191(252)

悪の波動 冷凍ビーム 草結び 身代わり

 

最強ポケモン。ヘラクレセドランにいれるにはレヒレへの打点は必須。構成はこれで完成されている。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204206p:plainボルトロス@食べ残し

 

179(196)-x-109(148)-146(4)-128(132)-135(28)

放電 毒々 身代わり 守る

 

HP残飯最高効率

A156ミミッキュZ耐え

C211晴れ大文字耐え

*Sは28振るメリットは一切ないので振り分け推奨

 

毒身代わりによる圧倒的嵌め性能と誤魔化し性能。テテフやウツロ、レヒレ+地面に何もできないので選出が難しいが出せば活躍をしてくれる。最終日はアーゴヨンドリュウズフシギバナなどと同居しているテッカグヤが多くレートを上げられなかった。

 

 f:id:sharuru-pocket:20180904034343j:plain

【後書き】

S11お疲れさまでした。前期は2000チャレンジを3度逃し今後無理かと感じていたのでうれしかったです。また、ヘラクレセドランは@3が非常に似通っており受けるヘラクレセドランに限界を感じていましたが、新しい形を発見できたことにも良かった点です。2000からは一勝一敗を繰り返しずるずる最終的に溶かしてしまったのが心残りです。

構築については、ヘラクロスを数戦ASにしただけでおよそ400戦一度も考察の段階から型を変えずに戦えたのでこれである意味完成しており逆に言えば限界だとも感じております。選出択等も頻発してしまい構築は安定して勝てるものではないので今後も考察を続けS12ではさらに良い結果を残せるよう精進します。

本構築に対する質問やヘラクレセドランの案はTwitter(@P2_hera_Noob)までお願いします。鍵垢の時もありますがお構いなくフォロリクや質問どうぞ。