【S7使用構築】超安定サイクルヘラクレセドラン 【最高2012】【最終1947】

f:id:sharuru-pocket:20180122224936p:plain

 

こんにちは。しゃるると申します。

初めて構築記事を投稿するので拙い部分もあると思いますが、お時間があれば最後まで読んでいただけると幸いです。以下常体。

 

1.採用理由

少しかじっていたoras、しっかりやったsmでずっとこだわって使い続けてきたメガヘラクロスで2000を達成したかったのでまずメガヘラから採用。

smでは取り巻きはいろいろ使っていたが、6世代のころに近い構築を組みたいと思いヘラと相性の良いクレセドランを採用。そこから苦手なミミッキュギルガルドその他諸々に強く出られるように組んでいった。

 

2.個別紹介

f:id:sharuru-pocket:20180114173553p:plain

ヘラクロス@メガストーン

意地っぱり 187(252)‐260(252)‐135‐x‐126(4)‐95 

ミサイル針 ロックブラスト タネマシンガン じしん

 

 

HDライン(つまり初手突っ張れる対面)

C197霊獣ボルト10マンボルトZ82.3‐97.8%

C222ギルガルドシャドボZ85.5‐101.0%

C170ゲッコウガハイドロカノンZ81.8‐96.2%

 

テンプレHAヘラ

相棒枠。かっこいい。キモイという意見は受け付けてません。

技構成はメインウェポンのロックブラストは確定でトリル下でテテフを貫くためにミサイル針、水や地面に打つタネマシンガン、ギルガルド入りに選出しやすくするようにじしん。技構成に関しては意地ヘラはインファ切ってじしん、陽気は地震切ってインファが個人的完成系。

 

ここでこの技構成について述べたい。有名な有利対面ロクブラの法則という言葉があるが、主に有利対面というとアシレ、マンムー、ナット、ポリ2対面などが挙げられる。自分はロクブラを押せない安定サイクルプレイヤーなので目の前のポケモンに通るインファ、タネマシンガン採用のが好ましかった。ヘラの技構成に悩む人は、有利対面ロクブラをするタイプならインファタネガンは要らないし、しないタイプならインファタネガンがいると思われる。

 

モロバレルと組むならタネマシンガンを切って身代わりも考えられたが、ヘラクレセドランを選出するために役割対象のカバルカへの安定性を求めてタネマシンガンを採用した。6世代では最速も強かったが、Z技で事故死してしまう今作では個人的にHA意地がベストだと思っている。

立ち回りに関しては地震リザYの増加からかなり厳しい立ち回りが要求される。再戦やあからさまなときは不利対面ロクブラをせざるを得ないかもしれない。(もちろん自分にはそんな勇気はありません)

 

クレセリアゴツゴツメット

f:id:sharuru-pocket:20180114173732p:plain

図太い 227(252)‐x‐189(252)‐95‐151(4)‐105

冷凍ビーム 月の光 トリル みかまい

 

テンプレクレセ

 とても弱い。釣り出しに使おうとしてもグロスやHDマンダは突っ張ってくる。ミミッキュサザンレヒレガルドを誘うので相手の選出を読む。(もちろん出来ない)

技構成はみかまい切り、月の光切りなど考えられるが安定サイクルをしてクレセで詰める自分にはこの構成があっていると思う。

トリルヘラで抜いていく立ち回りの方は月の光切ってもよいと感じた。

 

ヒードラン@マゴのみ

f:id:sharuru-pocket:20180114173854p:plain

控え目 194(220)‐x‐148(172)‐178(92)‐127(4)‐100(20)

火炎放射 ラスターカノン どくどく ニトロチャージ

 

ミミッキュの+2シャドクロ耐え調整

オタクっぽい外見がとても好みで使っているが、スカーフテテフに後出しから勝てない。環境に刺さってはいるもののあまりにもメタられていた。じしんを持っていないリザYはいないものとして立ち回る。ヘラリザ対面はじしんを打たれて負けるのでドランリザY対面の作り方が大事。毒を入れてクレセバック、月の光連打で毒殺する。

 

型は後述するモロバレルがいるからHDでよくね?という人もいるかもしれないが、カバルカリザミミッキュに対してヘラクレセバレル選出ではリザに対応できないのでミミリザに仕事ができるHBにした。

 

 

アシレーヌ@オボン

f:id:sharuru-pocket:20180114173939p:plain

控え目 177(172)‐x‐104(80)‐195(252)‐136‐81(4)

うたかたのアリア ムーンフォース アクアジェット 滅びの歌

 

バトン、害悪、サザン、ドランあたりに投げていくコマ。

結局バトンには当たらなかったので活きる場面は少なかったが、サイクルでは安定感があり環境にも刺さっていた。オボンに関しては激流とアンチシナジーだがオタクサイクルが好きすぎてどうしても回復できるものが欲しかったので採用。

 

ランドロス@飛行Z

f:id:sharuru-pocket:20180114174909p:plain

意地っ張り 175(84)‐212(220)‐110‐x‐102(12)‐135(188)

地震 岩石封じ 空を飛ぶ 剣の舞

 

テテフのサイキネ耐え残りAS

 

電気と地面の一貫を切る枠。催眠対策が薄いのでバナバレルあたりに出してどや顔をしていく。あと投げしてくるグライオンに岩石封じを入れられると受けルにも勝てる。ヘラが勝てないクレセドランの並びを剣舞Zで崩せる便利枠だったりもする。選出率は低いものの選出した時の勝率は高い。

 

 

モロバレル@黒いヘドロ

 

f:id:sharuru-pocket:20180114175836p:plain

図太い 221(252)‐x‐134(252)‐105‐101(4)‐50

イカサマ ギガドレイン クリアスモッグ キノコのほうし

 

オタクポケモン。個人的に一番信頼している枠。基本選出で重いコケコ、レヒレ、ミミッキュあたりに出していく。

このポケモンの凄いところは自らの役割対象を誘うことができる点。選出誘導が凄まじく本構築のMVP。7世代ヘラクレセドランという構築ではこのポケモンは必須級でありながら、アーゴヨンの登場によりかなり苦しい選出を強いられる。

 

 

重たいポケモン

メタグロス

バレルに合わせてくるところにイカサマを当ててゴツメで削るが身代わり持ちや毒持ちはやめてほしい。

毒マンダ

クレセに毒を入れられたらドランで誤魔化すしかない。

HBランドロス

ドラン対面にクレセバック読みで毒を打つな。

飛行Zギャラ(飛行Zもちポケモン全て)

型を読めないと負ける。明らかにメガな場合以外は基本的にヘラ(バレル)からクレセバックして挑発読みヘラ(バレル)バックを永遠と繰り返す。とりあえず消えてくれ。

テッカグヤ

電気がいないため誘うので選出は読みやすい。地震うつな。

炎Zバシャ

どうやっても無理。ドランで炎Zすかせたら行けなくもない。

デンジュモク

電気Zで一匹犠牲にしてから頑張る。

催眠ゲンガー

そもそも滅びもきつい。ヘラで対面処理したい。

コケコ+アーゴヨンハッサム

選出で誰かを切らざるを得ない。一番きつい並び。個人的にヘラクレセドランにおいて最も限界を感じた構築。

その他ドランを役割破壊してくるポケモン(気合玉テテフ、ドレパンミミッキュなど)
まず無理。クレセも起点になりやすいが、崩されるのはいつもドランから。

 

 

3【最後に】

ラクレセドランという環境に全く刺さらない軸を使って2000を達成できてよかったですが、いろいろなZをケアしないといけなかったため、対戦数を重ねて型を読むことがとても大事だと分かったシーズンでした。

記事については自分の考えるヘラクレセドランについて散りばめておいたのでヘラクレセドラン使いの参考になれば幸いです。そして今季構築相談に乗ってくださった方、対戦してくださった方はありがとうございました。

来季はヘラを使わないかもしれませんが多少は力になれると思いますので構築相談や質問等遠慮なく受け付けてます。(@P2_hera_Noobまで。鍵垢ですがポケ勢は全員フォロバしてます)

では最後まで読んでいただきありがとうございました。来シーズンも頑張りましょう!

 

f:id:sharuru-pocket:20180122215302j:plain