【S11使用構築】【最高2009】 ホルード入りヘラクレセスタンダード

f:id:sharuru-pocket:20180904035052p:plain

 

【構築経緯】

いつも通り使い慣れているヘラクレセドランを軸とした。

ラクレセはミミッキュに容易に展開を阻害されてしまう。そこでノーマルタイプでS149以上のポケモンミミッキュへの最低限の耐性があることに気が付き、電気無効でとんぼ返りを使え、ミミッキュ地震で確定1発であるこだわりスカーフ持ちのホルードを採用した。次に環境の中心に存在しているカバマンダ、レヒレグロスに強い草Zゲッコウガを採用。

レートが上がってくるにつれてヘラマンダ対面はガルドバックしてくるプレイヤーが増え、安易にクレセリアに引くと大きなディスアドバンテージになってしまうので、マンダガルドに対して強く出られる毒身代わり化身ボルトロスを採用して完成となった。

 

 

【コンセプト】

・対面性能の高いヘラクロスを三日月の舞で復活させて崩し、素早さの高いポケモンで締める

・スカーフホルードの奇襲により数的有利をとる

テッカグヤの前でボルトロスが身代わりを張りeasywinを狙う

・身代わり草Zゲッコウガによるeasywinを増やす

 

【個別紹介】

f:id:sharuru-pocket:20180903204114p:plainヘラクロス@メガストーン

 

187(252)-260(252)-135-x-125-96(4)

ミサイル針 ロックブラスト タネマシンガン 地震

 

対面性能を生かして初手に投げて圧をかけていく。サブロムでは剣舞ガッサに三縦され続けASにした時期もあったがHAに落ち着いた。カビゴンに勝てないのは怪しいがあくまで軸としている以上汎用性が高く広範囲に打点をもたせた。テッカグヤ入り以外には大体出した。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204145p:plainクレセリアゴツゴツメット

 

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

ムーンフォース トリックルーム 月の光 三日月の舞

 

ヘラの引き先一つ目。HPをできるだけ多く維持しつつ場にできるだけ居座らないように意識して立ち回った。あと投げ一回もせずトリルみかまいだけすることも多かった。ジャラランガギャラドス意識でムーンフォース。そこそこ出した。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204132p:plainヒードラン@ウイのみ

 

194(220)-x-148(172)-178(92)-126(4)-100(20)

火炎放射 ラスターカノン 岩石封じ 毒々

 

A156↑2タイプ一致シャドクロZ耐え

C222タイプ一致シャドボZ耐え

岩石封じで準速ミミッキュ抜き

 

ヘラの引き先2。グロスランドリザXのような構築が多く楽に勝てたこともしばしば。水タイプ入りにはできるだけ出さないようにした。選出はあまりしなかった。

 

 f:id:sharuru-pocket:20180903204219p:plainホルードこだわりスカーフ

 

160-118(252)-90-x-91(4)-130(252)

地震 岩雪崩 冷凍パンチ とんぼ帰り

 

電気の一貫を切る、初手の奇襲、終盤のスイーパーと役割は非常に多くとても活躍してくれた。リザに対してヒードランを出さなくてもよくなる点も素晴らしい本構築のMVP。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204236p:plainゲッコウガ@草z

 

147-x-87-155(252)-91-191(252)

悪の波動 冷凍ビーム 草結び 身代わり

 

最強ポケモン。ヘラクレセドランにいれるにはレヒレへの打点は必須。構成はこれで完成されている。

 

f:id:sharuru-pocket:20180903204206p:plainボルトロス@食べ残し

 

179(196)-x-109(148)-146(4)-128(132)-135(28)

放電 毒々 身代わり 守る

 

HP残飯最高効率

A156ミミッキュZ耐え

C211晴れ大文字耐え

*Sは28振るメリットは一切ないので振り分け推奨

 

毒身代わりによる圧倒的嵌め性能と誤魔化し性能。テテフやウツロ、レヒレ+地面に何もできないので選出が難しいが出せば活躍をしてくれる。最終日はアーゴヨンドリュウズフシギバナなどと同居しているテッカグヤが多くレートを上げられなかった。

 

 f:id:sharuru-pocket:20180904034343j:plain

【後書き】以下敬体

S11お疲れさまでした。前期は2000チャレンジを3度逃し今後無理かと感じていたのでうれしかったです。また、ヘラクレセドランは@3が非常に似通っており受けるヘラクレセドランに限界を感じていましたが、新しい形を発見できたことにも良かった点です。2000からは一勝一敗を繰り返しずるずる最終的に溶かしてしまったのが心残りです。

構築については、ヘラクロスを数戦ASにしただけでおよそ400戦一度も考察の段階から型を変えずに戦えたのでこれである意味完成しており逆に言えば限界だとも感じております。選出択等も頻発してしまい構築は安定して勝てるものではないので今後も考察を続けS12ではさらに良い結果を残せるよう精進します。

本構築に対する質問やヘラクレセドランの案はTwitter(@P2_hera_Noob)までお願いします。鍵垢の時もありますがお構いなくフォロリクや質問どうぞ。